QLOOKアクセス解析

今日は謡曲のお稽古です。。

恵理人の小屋へ

東海能楽研究会へ

筑波大学在学中、飯塚は筑波能狂言研究会で、若松健史先生と西村高夫先生に
謡曲の基礎を教えていただきました。もう20年以上前の話です。
西村高夫先生は観世流の「銕仙会」に所属され、清水寛二先生と「響の会」を主催されています。
卒業後、縁があって西村先生は名古屋の栄能楽堂で月に1回出稽古にいらっしゃるように
なり、私も稽古していただきましたが、こどもが生まれてからしばらく遠ざかっていました。
椙山女学園大学と名古屋市生涯学習センターとの大学連携講座の「能楽鑑賞入門」を
飯塚が担当させていただくようになり、昨年より西村高夫先生に「船弁慶」「羽衣」など「謡曲」
の基礎を教えていただくことになりました。ほとんどボランティアで感謝致しております。
2006年11月からは、私も稽古に復帰する予定です。この録音をお聞きになって西村先生に習い
たいと思われる方がいらっしゃいましたら、飯塚あてメールで連絡ください。
なおこの録音の著作権は西村高夫先生に所属いたします。
個人で楽しむ以外に使用する場合は、西村先生の許可をとるようお願いいたします。
私宛(erito7@hotmail;.com)にメールいただければ先生に連絡いたします。
番号 曲名 出だし 長さ 備考 ファイル
1 高砂 高砂や 1.14
2 高砂 四海波静にて 1.16
3 高砂 所は高砂の 1.56
4 高砂 げに様々の舞姫の 2.20
5 養老 長生の家にこそ 1.59
6 養老 老いをだに 114
7 養老 君は船 2:21
8 羽衣 しかるに月宮殿の 9.58
9 羽衣 東遊びの 3.26
10 花月 鶯の花踏み散らす 4.02
11 花月 さても我 7.15
12 鶴亀 庭の砂は 1.41
13 鶴亀 千代の例 2.16
14 鶴亀 月宮殿の 2.46
15 猩々 世も尽きじ 2.08
16 熊野 花前に蝶舞ふ 7.36
17 経正 いや雨にては 5.45
18 弱法師 住吉の松のひまより
19 井筒 あだなりと
20 通小町 思ひも寄らぬ
21 江口 実相無漏の
22 清経 さては仏神三宝も
23 屋島 今日の修羅の
24 あら面白の
東北 最初から中入りまで
東北 待謡からクリの留めまで
25 東北 かるが故に 16.05
26 田村 近頃面白き 13.10
27 菊慈童 いやなほもそなたをこそ 9.54
28 紅葉狩 林間に酒を煖めて 11.04
29 船弁慶 その時静は 14.21
30 桜川 岸花紅に水を照らし 13.51 網之段
31 吉野天人 ふしぎや虚空に 5.14
32 草子洗小町 春来たつては 5.53
百万 ワキの出
33 百万 あら悪の念仏の 11.45 車之段
百万 南無や大聖
34 百万 午羊経街に 14.10 サシ・クセ
35 二人静 静御前の舞を 20.49
26 邯鄲 我宿の 15.21
27 鵜飼 そもそもこの 10.54
28 三井寺 桂は稔る 15.43
29 ながめやるそなたの空は 17:49
30 野宮 片敷くや森の木陰の 19:19
31 敦盛 全曲 42:54
32 頼政 これは諸国一見の 24:25 前場
33 頼政 さては頼政の幽霊 27;00 後場
34 橋弁慶 これは西塔の 6:51 前場
35 橋弁慶 さても牛若は 13:34 後場
36 行けばみやまも 前場
37 露を片敷く 後場
38 安達原 旅の衣は 32:38 前場
39 安達原 不思議やあるじの 後場
40 実盛 それ西方 3:41
41 実盛 笙歌遥かに 12:3
42 実盛 昔長井の 9:45
43 実盛 いざや別時の 7:55
44 実盛 不思議やな 5:00
45 実盛 それ一念弥陀仏 11:15
46 実盛 また実盛が 6:39
47 実盛 その執心の 6:39
48 熊野 これは平の宗盛なり 23:51
40 熊野 老母の労りは 9:48
熊野 河原おもてを
41 善知鳥 これは諸国一見の 10:23
42 善知鳥 げにやもとよりも 20:06
43 善知鳥 往事渺茫として 14:22
44 西行桜 頃待ち得たる 前半
45 西行桜 げなにげにこれは 後半
47 玉葛 全曲
48 嵐山 全曲
50 櫻川 全曲
51 西王母 全曲
52 半蔀 前半
53 半蔀 後半
54 葵上 冒頭ー問ふ人もなし 前半
55 葵上 不思議やなー終曲まで 後半
56 野守 冒頭ーさらば御物語候へ 前半
57 野守 昔この野にー終曲まで 後半
58 高砂 全曲
59 景清 全曲
60 海士 出づるぞ名残ー 22:52
61 海士 自ら大臣の御子とー 6:56
62 海士 とてものことに 15:17
63 海士 後場
64 杜若 全曲
65 俊寛 45:31 全曲
66 松風 冒頭ー汐路かな 前半
67 塩屋の主のー最後まで 後半
68 源氏供養 全曲
69 葛城 冒頭 前半
70 葛城 あら嬉しやー最後まで 後半
71 土蜘蛛 前半
72 土蜘蛛 後半
73 自然居士 冒頭 全曲
74 阿漕 全曲
75 桜川 前場2012.02.15録音
76 桜川 ロンギ以降75番同日録音
77 養老 前場2012.03.05録音 前場
78 養老 後場77番同日録音 後場
79 高砂 前場 クリの留めまで
79 高砂 それ以降
80 松虫 最初ー初同の留めまで
81 松虫 いかに申し候ー中入まで
82 松虫 脇待ち謡ー早舞の前まで
83 松虫 面白やー最後まで
84 屋島 最初ー前シテの前まで
85 屋島 前シテーまづまづ塩屋に
86 屋島 塩屋の主のー初同上哥留
87 屋島 いかに申し候ーロンギの前まで
88 屋島 ロンギー中入まで
89 屋島 不思議や今のー待謡留めまで
90 屋島 後シテ落花ー攻め戦ふ
91 屋島 その時何とかーサシの留め
92 屋島 クセー翔の前まで
93 屋島 今日の修羅のー最後まで
94 望月 最初ーワキ次第の前まで
95 望月 脇次第ー物着まで
96 望月 物着の前のツレークリ前
97 望月 クリー最後まで
98 蝉丸 最初ーワキ道行の留め
99 蝉丸 いかに清貫ー物着前
100 蝉丸 物着後ー初同留
101 蝉丸 シテの出ー道行留め
102 蝉丸 第一第二のークリの留め
103 蝉丸 サシークセの留め
104 蝉丸 ロンギー最後
105 忠度 最初ーワキ上歌の留め
106 忠度 前シテー手向けをなして帰らん
107 忠度 いかにこれなるー初同留め
108 忠度 いかに尉殿ーワキ待謡留め
109 忠度 後シテー專らなり
110 忠度 ワキ 中にもー海上に浮かむ
111 忠度 シテ 我も船にー留め
112 忠度
113 千手  ワキの名宣    
114 千手 シテ次第
115 千手 ツレ 身はこれ〜
116 千手  ツレ いかに千手の前〜    
117 千手  ワキ 今日の雨中の〜イロエ前    
118 千手  シテ さてもかの〜序之舞前    
119 千手  シテ 一樹の蔭や〜最後まで    
120 天鼓 これはもろこし−     
121 天鼓 露の世に−    
122  天鼓  いかにこの屋のうちに    
123  天鼓  急ぐ間ほどなく    
124 天鼓  鼓の時も移るなり    
125  天鼓  さても天鼓が身を沈めし    
126  天鼓  面白や時もげに    
127 小鍛治  これは一條の院に     
128 小鍛治 言語道断    
129 小鍛治 それ漢王三尺の    
130 小鍛治 宗近勅に従って    
131 小鍛治  いかにや宗近    
132 六浦  思いやるさへ遙かなる     
133 六浦 なうなう御僧は何事を    
134  六浦  所から心に叶う稱名の    
135  六浦 あらありがたの御弔いかや    
136  六浦 まず青陽の春の始め    
137 六浦  更け行く月の夜遊をなし    
138 楊貴妃  我がまだ知らぬ東雲の    
139 楊貴妃 昔は驪山の春乃園に    
140  楊貴妃 いかに申し上げ候     
141  楊貴妃  さらばと言ひて出船の    
142 楊貴妃  然るに二十五有の中     
143  楊貴妃 羽衣の曲    
144 殺生石 心を誘う雲水の     
145  殺生石 なうその石の邉へ    
146  殺生石  そもそもこの玉藻乃前と    
147 殺生石  かように    
148  殺生石  木石心なしと     
149  殺生石 不思議やな     
150  三輪  これは和州三輪の山陰に    
151  三輪 いかに     
152 三輪  この草庵を立ち出でて     
153  三輪  ちはやぶる     
154  三輪  それ神代の昔物語は    
155  三輪 げにありがたき御相好    
156  竹生島 竹に生まるる鶯乃    
157  竹生島  面白や頃は弥生の       
158 竹生島  いかにこれなる      
159  竹生島  舟が着いて候       
160 竹生島  御殿しきりに       
161 竹生島  龍神湖上に出現して       
162 巻絹  そもそもこれは      
163 巻絹  今を始めの旅衣       
164 巻絹  いかに案内申し候       
165 巻絹  これはさて       
166 巻絹  それ神は人の      
167 巻絹  さあらば祝詞を       
168 巻絹  證誠殿は       
169 鉄輪  日も数そひて戀衣      
170  鉄輪 これは不思議の       
171 鉄輪  かやうに候者は       
172  鉄輪  いでいで轉じかへんとて       
173 鉄輪  それ花は斜脚の暖風に       
174  鉄輪  悪しかれと思わぬ山の峰にだに      
175  班女  中入まで    
176  班女  ワキ次第〜皆々参り候へ      
177  班女  後シテ〜なほ同じ世と祈るなり    
178  班女  いかに班女    
179  班女 クリ〜逢はでぞ恋は添ふものを      
180  班女  いかに誰かある      
181  羽衣 ワキ一声〜上歌トメ      
182  羽衣  我三保の〜上歌トメ       
183 羽衣  いかに申し候〜物着の前       
184  羽衣  物着後〜クリトメ       
185  羽衣  サシ〜序之舞前       
186  羽衣  序之舞後「或は」〜破之舞前       
187  羽衣  キリ       
188  吉野天人  ワキ次第〜道行トメ       
189  吉野天人  ワキ着ゼリフ〜初同トメ       
190  吉野天人  いかに申すべき〜中入       
191  吉野天人  不思議や〜中之舞前     
192  吉野天人 中之舞後キリ       
193 龍田  〜道行トメ     
194  龍田  ワキ着ゼリフ〜初同トメ     
195  龍田  さて御身は〜中入     
196  龍田  ワキ待謡〜クリのトメ     
197  龍田  サシ〜神楽の前    
198 龍田  シテのワカ〜留メ       
199  通小町  始〜初同トメ       
200  通小町  木の実の〜後ツレ出前        
201 通小町  後ツレ出〜深草の少将        
202 通小町  さては小野小町〜立廻前        
203 通小町  立廻後〜最後        
204 遊行柳       
205 遊行柳      
206 遊行柳       
207  遊行柳         
208  遊行柳         
209  遊行柳         
210  遊行柳         
211  遊行柳         
212  富士太鼓 ワキ名乗り     
213  富士太鼓 シテ・子方次第     
214 富士太鼓  ワキ「今は」〜物着     
215  富士太鼓  シテ「あらうらめしや」       
216  富士太鼓  上歌「なほも思へば」〜留     
217  小督 ワキ名乗り〜中入    
218  小督 ツレ「げにや」〜上歌「せめてや」トメまで       
219  小督  後シテ〜駒之段トメまで       
220  小督  シテ「うたがいもなき」〜上歌「所を知るもの」トメ       
221  小督  トモ「仲国」〜クリのトメ       
222  小督  サシ〜クセトメ       
223  小督  ロンギ〜最後       
224  雲林院 最初〜ワキ「花を折れば」      
225  雲林院  シテ「誰そや」〜初同トメ     
226  雲林院 シテ「いかに旅人」〜中入       
227 雲林院  ワキ待謡〜クリのトメ       
228 雲林院  サシ〜クセトメ       
229  雲林院  シテ「思ひ出でたり」〜最後       
230  花月  ワキ次第〜着セリフトメ     
231 花月 シテ名ノリ〜「殺生戒をば破るまじ」     
232  花月  「易き事語って」〜「さてかように申し候」     
233  花月  物着後「さても我筑紫…」〜最後     
234  猩々     全曲 
235  鶴亀      全曲 
236  井筒 名宣〜下歌トメ  
237  井筒 シテ次第〜上歌トメ     
238  井筒  ワキ「我この寺に」〜「名ばかりは」トメ     
239 井筒  ワキ「尚々〜…」〜サシトメ     
240  井筒  クセ     
241  井筒  ロンギ〜中入まで       
242  井筒  ワキ待謡       
243  井筒  後シテ〜舞       
244  井筒 舞アト〜最後       
245 羽衣 全曲     
246 田村  全曲     
247 鵜飼  全曲     
248 経政 ワキ名ノリ〜殊に又     
249  経政  「風枯木を吹けば」〜幻乃     
250  経政  ワキ不思議やな〜さればかの     
251  経政  亡者の為には〜クセ前まで    
252  経政  第一第二の〜翔の前まで     
253  経政  シテあら恨めしや〜     
254  経政  全曲     
255  野宮 ワキ名ノリ    
256  野宮  シテ次第〜上歌トメ     
257  野宮  ワキ「我この森の」〜ワキ「なほなほ御息所のいわれ」     
258  野宮  クリ・サシ     
259  野宮 クセ    
260  野宮  ロンギ〜中入    
261  野宮  ワキ待謡    
262  野宮  後シテ〜序之舞     
263  野宮  シテ「野宮の…」〜最後    
264  野宮 全曲     
265  清経 ワキ次第〜道行トメ     
266  清経  ワキ「急ぎ候ほどに」〜初同上歌トメ    
267 清経  ワキ「また船中を」〜地謡下歌「手向け返して」     
268  清経  シテ「聖人に夢なし…」〜地謡上歌「怨みを…」    
269  清経  シテ「古のことども…」〜地謡「…哀れなりし有様」クセ前まで     
270  清経  クセ〜クセトメ     
271  清経  ツレ「聞くに心も…」〜留め     
272  清経 全曲     
273           
274          
275          
276